ピラティス」カテゴリーアーカイブ

皆様こんにちは!

 

ARCLabo岡山店の片岡です。

 

ダイエットをするのにどんな運動を行ったらいいのか一度は悩んだことありませんか?

 

そこで今回はピラティスがダイエットに適しているのかどうかをお話していきたいと思います。

 

 

 

目次

 

1.ダイエットに適している運動

 

 1-1.脂肪を燃焼させる運動

 

 1-2.赤筋を働かせる運動

 

2.ピラティスとは?

 

 2-1.ピラティスの歴史

 

 2-2.ピラティスの種類

 

3.ピラティスとダイエットの相性が良い

 

 3-1.ピラティスの効果

 

 3-2.ストレスによる食事過剰摂取を抑制

 

4.まとめ

 

 

 

 

 

1.イエットに適している運動

 

 

ダイエットをする上で必要なことは食事+運動

 

特に運動は運動の種類や方法によってダイエットの効果も変わりやすくなります。

 

ではダイエットに適している運動は何か?

 

 

1-1.脂肪を燃焼させる運動

 

ダイエットの時何を減らしたいかというと脂肪ですよね。

 

脂肪は大きく内臓脂肪と体脂肪、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。

 

 

内臓脂肪 男性に付きやすく内臓周辺に存在
皮下脂肪 女性に付きやすく下半身につきやすい傾向
白色脂肪細胞 脂肪を溜め込む細胞で体温維持や内臓の保護の役割
褐色脂肪細胞 脂肪を燃やす細胞で体温上昇や基礎代謝を上げる役割

 

 

主に内臓脂肪は食べ過ぎによる食生活の偏りでつきやすく、皮下脂肪は運動不足と食生活の偏りでつきやすくなります。

 

そのため内臓脂肪は皮下脂肪に比べ比較的落ちやすく皮下脂肪より先に内臓脂肪から落ちていきます。

 

したがってダイエットをするには食事と運動のどちらか一方のみだと効果が薄いため内臓脂肪と皮下脂肪の両方を落とすには食事コントロール+運動が必要になってくるのです。

 

運動で脂肪を燃焼させるためには無酸素運動有酸素運動が必要となります。

 

無酸素運動を行うことで成長ホルモンやアドレナリンが分泌され、すい臓から脂肪分解酵素の「リパーゼ」が分泌することで脂肪分解を促します。

 

脂肪はエネルギーと消費されるまで30分以上時間がかかるため有酸素運動で長時間運動を行うことで脂肪が燃焼されるのです。

 

 

1-2.赤筋を働かせる運動

 

筋肉は赤色の筋肉(以下 赤筋)、白色の筋肉(以下 白筋)、桃色の筋肉の3種類あります。

 

 

その中でも赤筋はランニングやウォーキングなどの長時間の運動の際に働き、酸素を多く必要とします。

 

 

(webより引用)

 

脂肪を燃焼させるメカニズムとしてリパーゼによって分解された中性脂肪が遊離脂肪酸となり有酸素運動によって筋肉内のミトコンドリアで酸素と脂肪酸が結合しエネルギーとして利用されます。

 

したがって脂肪を燃焼するためには酸素が必要であり赤筋が働く有酸素運動が効果的となります。

 

 

 

 

 

2.ラティスとは?

 

 

2-1.ピラティスの歴史

 

ドイツ人従軍看護師のジョセフ・ヒューベルトゥース・ピラティスさんが第1次世界大戦時の収容所で負傷した兵士の健康・体力を回復するためにベッドのスプリングを使用し運動器具を製作しリハビリや健康増進のための運動を行ったことがピラティスの始まりなのです。

 

終戦後、渡米しニューヨークでピラティスを広めるためにスタジオを開設。健康に関心のある富裕層を中心に広がりダンサーやアスリートもトレーニングに取り入れるなどアメリカ全土に普及していきました。

 

2-2.ピラティスの種類

 

ピラティスは主にヨガマット上で行う「マットピラティス」とリフォーマーやキャデラックといった専用マシンを用いた「マシンピラティス」があります。

 

 

 

 

マットピラティスでは団体によって違いますが、ボールやゴムバンドといった様々な道具を用いてインナーマッスルを効かせながら動いていきます。

 

マシンピラティスではマシンに付いているバネで負荷を細かく調節することができ、幅広い用途でトレーニングが出来ます。

 

また横になった状態でトレーニングができるのでアウターマッスルを抑えた状態でインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

 

 

2-3.ピラティスの効果

 

ピラティスで鍛えられるインナーマッスルは赤筋であり姿勢の保持、関節の安定、ムーブメントを行う際のアウターマッスルのサポートなどの役割があります。

 

女性に関しては女性ホルモンであるエストロゲンは関節を保護している靭帯などの組織を柔らかくする作用があり、ホルモンの影響によって骨盤の靭帯が緩み歪みが生じてくることがあるためインナーマッスルで骨盤を補強する必要があります。

 

 

 

 

 

3.ラティスとダイエットは相性が良い

 

 

3-1.インナーマッスルを鍛えて代謝アップ

 

ピラティスはマットや専用のマシンで体の安定や綺麗な姿勢を維持するためのインナーマッスルを鍛えていきます。

 

インナーマッスルはダイエット時に重要な基礎代謝量を上げてくれます。

 

基礎代謝量とは1日何もしなくても勝手に消費されるエネルギーのことです。

 

[基礎代謝量の計算式]

 

ハリス・ベネディクト方程式

 

男性 13.3×体重kg+4.8×身長cm-5.6×年齢+88.3

 

女性 9.2×体重kg+3.1×身長cm-4.3×年齢+447.5

 

例) 男性 28歳 体重65kg 身長176cm

13.3×65kg+4.8×176cm-5.6×28歳+88.3=1640kcal

 

なぜ動いていなくてもエネルギーが消費されるかといいますと、心臓や脳などの臓器や姿勢を保持するための筋肉は常に働いておりエネルギーを必要としているからです。

 

インナーマッスルを鍛えることで基礎代謝量がアップし脂肪をエネルギーとしてを消費することで内臓脂肪や皮下脂肪が減少するのです。

 

 

3-2.ストレスによる食事過剰摂取を抑制

 

ストレスが溜まると間食や食事量が増えてしまうことがありませんか?

 

ストレスや疲労を感じると脳内分泌物質である「セロトニン」というホルモンが分泌されます。

 

セロトニンが分泌されると幸福感を得られ、ストレスが緩和されるのですが、セロトニンは小腸で90%、血小板8%、脳2%で生産され分泌のほとんどを小腸で行っています。

 

つまり、ストレスを感じて食事量が増えるのは食事を摂取し、腸を動かすことでセロトニンが分泌され、ストレスを緩和しようとするためなのです。

 

しかし、腸で分泌されたセロトニンは脳の門番である血液脳関門でブロックされ脳へ直接作用することはないためたくさん食べてもストレスが収まることありません。

 

ストレスを溜めないようにするためには適度にストレスを発散させることが大切になります。

 

ピラティスは呼吸を意識しながら体を動かしていくため自律神経が安定し、ストレスも適度に発散されストレスによる食事の過剰摂取を抑えることが出来ます。

 

 

 

 

 

4.とめ

 

 

ピラティスはインナーマッスルを働かせながら有酸素運動を行い脂肪燃焼を高めるとともにストレスを発散し自律神経も整えることが出来るためダイエットにより適しているエクササイズの一つです。

 

ダイエットを本格的に行いたい方やこれからの時期痩せたい方がおられましたら当店で専門スタッフがいつでもご相談承っておりますのでご気軽にご連絡下さい!

 

 

 

《関連リンク》

wp.me/p8NSA7-3RD 「話題の糖質制限ダイエット!その方法とは?」

wp.me/p8NSA7-3Sy  「痩せるには脂質をカット?話題の低脂肪ダイエット!」

 

 

 

 


~カラダ Rebirth スタジオ~

ARC Labo 岡山店

〒 700-0971 岡山県岡山市北区野田2-1-5ハーモニーパーク2階

TEL:086-244-8787 FAX:086-244-3987

営業時間:9時30分~21時30分  (土日祝)9時30分~18時

定休日:日曜不定休


パーソナル/グループレッスン/整体 /ピラティス/

ピラティスマシン/TRX/鍼施術 / 美容鍼 /

姿勢改善 / 腰痛・肩こり改善 /痩身

スポーツパフォーマンス向上 /ダイエット /

ボディメイク /メディカルセル/セルライト分解/

短時間で効果的!タバタ式トレーニング!

皆様、こんにちは!

 

 

 

 

アークラボの片岡です(^O^)

 

 

 

 

ここ最近暖かい日が続いておりますね!

 

 

 

 

このまま暖かい日が続いて欲しいですが、来週はまた寒くなるそうですよ(´-ω-`)

 

 

 

 

暖かい日は活動的になりますが、寒いと途端に動きたくなりますよね(´・ω・`)

 

 

 

 

動かなくなるとエネルギー消費量も下がるため寒い時期は太りやすくなってしまうのです!

 

 

 

 

気づいたらお顔やお腹周りに見覚えのないものがついているなんてことも…

 

 

 

 

更に動かなくなると筋肉量や質の減少にともなって体の代謝も下がってしまいます|д゚)

 

 

 

 

そもそも代謝とは生命活動(心拍、呼吸、体温調節など)を維持するのに心臓等の臓器や骨格筋(体の形を成している筋肉)が消費するエネルギー量のことです。

 

 

 

 

つまり何もしていなくても勝手に消費してくれるエネルギー量ということです!

 

 

 

 

心臓だと正常な方で1日10万回以上も動いているのですから必要になるエネルギーも多くなりますよね!

 

 

 

 

それなら何もしなくても勝手にエネルギー消費するから太らないのでは?と思われている方のために付け加えますと!

 

 

 

 

臓器や骨格筋がやせ細って小さくなり働きが弱くなると臓器や骨格筋が消費するエネルギー量も少なくなるのです(._.)

 

 

 

 

では代謝を上げるにはどうしたらいいのか?

 

 

 

 

それは臓器の働きを活発にしたり筋肉を鍛えて消費するエネルギー量を増やして上げると良いのです☝( ◠‿◠ )☝

 

 

 

 

心臓等の臓器や筋肉を両方を鍛える方法として高強度間欠的運動(HIIT:High Intensity Interval Training)というトレーニング方法があります。

 

 

 

 

その中でも立命館大学院教授の田端泉さんが考案したタバタ式トレーニングは設定内容が明確に決まっており、心肺機能向上にとても有効なのです!

 

 

 

 

どういったトレーニングなのかといいますと、20秒間全力運動を行い10秒間休憩or足踏み等の軽い運動を1セットとし、これを8セット合計4分という短時間での運動になります!

 

 

 

 

「なんだ4分だけすればいいのか!簡単そう!」という印象を受けられると思いますが、これがまたとてもキツいんですね!笑

 

 

 

 

しかし、このキツさこそが心肺機能にとても効果が高いのですヽ(´▽`)/

 

 

 

 

さらに無酸素運動エネルギ(短距離走等で使われるエネルギー)と有酸素運動エネルギー(長距離走等で使われるエネルギー)の両方が鍛えれるため一石二鳥とはまさにこのことですね(・◇・)

 

 

 

 

心肺機能が上がるとメリットもたくさんあります!

 

 

 

 

①日常生活や運動をした時に息切れがしなくなることで体を動かしている時間が増えるため消費エネルギーが高くなる

 

 

②血液循環量が多くなることによるむくみ、冷え性の改善・予防

 

 

③血管の弾力性upによる血圧上昇の抑制

 

 

 

 

上記以外にもまだまだ効果があり、身体面や精神面にとてもいいことがあるのです!

 

 

 

 

したがって心肺機能向上を目的としたタバタ式トレーニングは体に良い影響たくさんを与えてくれますヽ(・∀・)ノ

 

 

 

 

当店のメニューであるTRXを使用してタバタ式トレーニングを行うことも出来るためご興味のある方は一度体験されてみてはいかがでしょうか(o^^o)♪

 

 

 

 

 


~カラダ Rebirth スタジオ~

ARC Labo 岡山店

〒 700-0971 岡山県岡山市北区野田2-1-5ハーモニーパーク2階

TEL:086-244-8787 FAX:086-244-3987

営業時間:9時30分~21時30分  (土日祝)9時30分~18時

定休日:日曜不定休


パーソナル/グループレッスン/整体 /ピラティス/

ピラティスマシン/TRX/鍼施術 / 美容鍼 /

姿勢改善 / 腰痛・肩こり改善 /痩身

スポーツパフォーマンス向上 /ダイエット /

ボディメイク /メディカルセル/セルライト分解/

ゴルフの飛距離に必要なことpart3

皆様、こんにちは!

 

 

 

 

アークラボの片岡です(^O^)

 

 

 

 

11月も後半になり今年も残すところ後、1ヶ月となりましたね!

 

 

 

 

より一層寒さも増していよいよ冬本番となってきました(゚д゚lll)

 

 

 

 

特に今年の冬は例年に比べて寒くなるだろうとの予想が出ているらしいですよ!

 

 

 

 

体が冷え切らないように暖かい格好と普段から運動を行い、代謝の良い体を作って行きましょうヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日の話の内容は何かといいますと

 

 

 

 

前回、前々回に続いてゴルフの飛距離アップについての話をしていこうと思います(^^)

 

 

 

 

前回、前々回の内容を簡単に振り返ると飛距離をアップするにはスイングのフォーム(姿勢)が大切でありそのフォームを作るには背骨・股関節の捻り+体重移動が重要です。とお話させて頂きました!

 

 

 

 

今回の内容はボールのバックスピン量についてお話させて頂こうと思います(´∀`)

 

 

 

 

まずはバックスピンとはなんぞや?というところから触れていきたいと思います!

 

 

 

 

バックスピンとはボールが飛んだ際、ボールに対して後ろ方向へかかる回転のことを言います!

 

 

 

 

バックスピンがかかっていると空中でボールが上へ浮き上がろうとする特性があり、

 

 

 

 

バックスピン量が多いと上へ吹き上がってしまい、逆に少ないと失速してしまうため飛距離を伸ばそうと思うと

 

 

 

 

バックスピン量は多すぎず少なすぎす(大体2000~2500回転)が理想的だと言われています!

 

 

 

 

ちょうど良いバックスピンを掛けるにはどうしたらいいのか?

 

 

 

 

バックスピンをかけるにはいくつかありましてポイントとしては下記の2つになります!

 

 

 

 

・インパクト時のヘッドの入射角

 

インパクト時に上から押さえつけるようなダウンブローであった場合ボールに逆回転の力がかかりバックスピン量も増えるのです!

 

 

 

 

反対にしたからすくうようなアッパーブローであった場合逆回転を生む力は弱まり、バックスピン量も減少する!

 

 

 

 

・フェースのどの位置でインパクトしたか

 

フェースとはクラブのヘッドのボールが当たる面のことを言います!

 

 

 

 

ヘッドの内部重心を中心にフェースの上部で打てばヘッドは上を向き、ボールには前方への回転がかかるためバックスピン量は減少します(o^^o)♪

 

 

 

 

反対にヘッドの内部重心を中心にフェースの下部で打てばヘッドは下を向き、ボールには後方への回転がかかるためバックスピン量は増加します(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

ポイントをまとめると

 

 

 

 

・ヘッドの入射角はアッパーブローを意識

 

 

 

・インパクト時フェース重心の中心もしくは上部でボールを捉える

 

 

 

 

バックスピン量が多く飛距離が伸びにくい方はこれらに注意することでバックスピン量は抑えられ飛距離も伸びると思います!

 

 

 

 

ではアッパーブローで打つにはどうしたらよいのか?

 

 

 

 

ダウンブローになる癖としてトップ~インパクトの際に上半身が下半身よりも先行して回転することがあります!

 

 

 

 

アッパーブローで打つためにはトップ~インパクトの際にダウンスイングの際に下半身(股関節)から回転し、続いて上半身の回転を行うことが重要になってきます♪

 

 

 

 

下半身と上半身の回転をしっかり行うためには前回の記事である

 

 

 

 

「ゴルフの飛距離アップに必要なことpart2」で紹介した股関節・背骨のストレッチを行ってください(・∀・)

 

 

 

 

当店でもピラティスやTRX等でゴルフに必要な体の使い方を身につけることができますので是非ご利用ください(o^^o)♪

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 


~カラダ Rebirth スタジオ~

ARC Labo 岡山店

〒 700-0971 岡山県岡山市北区野田2-1-5ハーモニーパーク2階

TEL:086-244-8787 FAX:086-244-3987–

営業時間:9時30分~21時30分  (土日祝)9時30分~18時

定休日:日曜不定休


パーソナル/グループレッスン/整体 /ピラティス/

ピラティスマシン/TRX/鍼施術 / 美容鍼 /

姿勢改善 / 腰痛・肩こり改善 /痩身

スポーツパフォーマンス向上 /ダイエット /

ボディメイク /メディカルセル/セルライト分解/

ゴルフの飛距離UPに必要なこととは?

皆様、こんにちは!

 

 

 

 

 

アークラボ岡山店の片岡です☝( ◠‿◠ )☝

 

 

 

 

 

いきなりですが、皆さんはゴルフをやられたりしますか?

 

 

 

 

 

僕も少しゴルフをしたことがあるのですが、止まっているボールをまっすぐ打つのは意外と難しいのです《゚Д゚》

 

 

 

 

 

なぜゴルフの話をしているかと言いますと、

 

 

 

 

 

最近ご来店いただいている男性のお客様がおりまして、その方は元々ダイエット目的で通われているのですが、ダイエットも希望体重近くまで落とすことが出来ました。

 

 

 

 

 

そして次の目標がゴルフのドライバーショットの飛距離を伸ばしたいとのことで現在、運動を継続されているんですね!

 

 

 

 

 

色々と調べているうちに飛距離を伸ばすためにはスイングしている時の姿勢が大事だと気づいたんですね(*゚▽゚*)

 

 

 

 

 

したがって現在ゴルフをされている方やこれからゴルフを初めてみようかと思われている方の参考になればと思い、今回はゴルフスイング姿勢についてお話しようと思います(^ω^)

 

 

 

 

 

ちなみにゴルフをしたことがない方にご説明するとドライバーショットというのは最初の1打目のことでドライバーというクラブで打つことをいいます!

 

 

 

 

 

ここで質問をしたいと思います!

 

 

 

 

 

みなさんは物を遠くに飛ばすには何が必要だと思いますか?

 

 

 

 

 

筋力?技術?遠くへ飛ばしたいという気持ち?

 

 

 

 

 

筋力、技術、気持ちはもちろん必要なものですが、それよりも大切になってくるのが姿勢なんですね!

 

 

 

 

 

姿勢といっても立ったり座ったりしている様な静止した姿勢ではなく動きの中での姿勢(フォーム)がポイントになってきます(´∀`)

 

 

 

 

 

特にゴルフはパワーよりもスイング時のフォームで飛距離が変わってくるのです!

 

 

 

 

 

現にプロ女子ゴルファーと一般男性ゴルファーの飛距離を比べたとき意外にも女子プロの方が飛ばしているんですよ《゚Д゚》

 

 

 

 

筋力は女性より男性の方が多いのにも関わらず女子プロの方が飛ばしているということは筋力で飛距離が伸びるということではないんですね!

 

 

 

 

 

なぜ女子プロ方が飛ばしているかというとゴルフクラブの先端(ヘッド)にはスウィートスポットという芯の部分があるのですが、このスウィートスポットでボールの真芯を捉えられているため女子プロの方が飛距離を飛ばせてるのです(・∀・)

 

 

 

 

 

ただ、このスウィートスポットでボールの真芯を捉えるのがとても難しく普通にクラブを振っただけではほとんど当たりません(´△`)

 

 

 

 

 

どうしたら芯に当たるかというと正しいフォームで打つことが重要なのです!

 

 

 

 

 

ではどういったフォームがいいのか?

 

 

 

 

 

ポイントがたくさんあるため今回は背骨と股関節の捻りについてお伝えしようと思っております!

 

 

 

 

 

【背骨と股関節の捻り】

 

 

野球やゴルフなどのスポーツにおいて高いレベルのパフォーマンスを行う際とても重要なポイントになるのが背骨と股関節の捻りなんですね!

 

 

 

 

 

背骨や股関節を捻ることを「回旋」と言い、体の関節の中で回旋運動がよく出る部位が背骨と股関節なのです(・∀・)

 

 

 

 

 

ゴルフスイング中に背骨と股関節が回旋できていると上半身の傾きや腰が流れてしまうことがなくなりスイングの軌道が安定するためスウィートスポットでボールを捉えやすくなるのです♪

 

 

 

 

 

したがって背骨と股関節の回旋可動域があるのとないのではスイング軌道の安定に大きな差が出るため飛距離にも影響が出てくるのです!

 

 

 

 

(Webサイトより引用)

 

 

 

 

 

今から背骨と股関節の可動域を広げるストレッチをご紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

①ブックオープン

 

 

これは背骨の回旋可動域を広げる効果があります!

 

 

 

 

 

[やり方]

 

 

横向きになり両手は合わせて肘を伸ばしたまま胸の位置で前ならえをします。

 

 

 

 

 

太もものつけねと膝を90度曲げた状態で両膝を合わせます。

 

 

 

 

 

 

 

息を吸いながら上手を天井に向かって開き、息を吐きながら背面方向へ顔と胸ごと振り返って行きましょう。

 

 

 

 

 

この時、両膝同士がズレないようにしっかり合わせておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

上手を開いて閉じるまでを1回までとし、これを片手5回ずつ行いましょう!

 

 

 

 

 

②殿筋ストレッチ

 

 

これは股関節の回旋可動域を広げる効果があります!

 

 

 

 

 

[やり方]

 

 

右足をあぐらの形にし、右足のくるぶしが左太ももの前にくるように置きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

息を吐きながら上体を太ももに近づけて行きましょう。

 

 

 

 

 

この時、右太もも裏からお尻にかけて突っ張る感覚があるかどうかを感じ取りながら行います。

 

 

 

 

 

 

右足を太ももの前まで近づけた状態を30秒キープしていきます。

 

 

 

 

 

この二つのストレッチを行うことで背骨と股関節の回旋可動域が広がりスイングの際に体が無理なく捻れるようになってきますヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

ゴルフをされる方やされない方にも体を捻るという動作は必要になってくるので是非このストレッチを行ってください♪

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(・∀・)

 

 

 

 

 


~カラダ Rebirth スタジオ~

ARC Labo 岡山店

〒 700-0971 岡山県岡山市北区野田2-1-5ハーモニーパーク2階

TEL:086-244-8787 FAX:086-244-3987

営業時間:9時30分~21時30分  (土日祝)9時30分~18時

定休日:日曜不定休


パーソナル/グループレッスン/整体 /ピラティス/

ピラティスマシン/TRX/鍼施術 / 美容鍼 /

姿勢改善 / 腰痛・肩こり改善 /痩身

スポーツパフォーマンス向上 /ダイエット /

ボディメイク /メディカルセル/セルライト分解/

ご新規様ご優待キャンペーン

 

 

こんにちは、アークラボエステ担当藤田です!!

 

 

 

本日皆様にご紹介するキャンペーンは

 

 

 

 

 

アークに初めてご来店の方におススメの

 

 

 

 

ご新規様キャンペーンです ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの4つのメニューよりご希望のメニューをお選びください。

 

 

 

 

 

①身体の歪みや痛みを改善する骨盤矯正

 

 

②1人1人のお悩み・身体に合った運動を行うピラティス

 

 

③身体の筋膜を緩めリンパの流れを改善するメディカルセル

 

 

④脂肪溶解・脂肪燃焼・リンパドレナージュを同時に行えるSWORD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近疲れが取れない…

 

腰や方、膝に痛みがある…

 

最近運動することが減ってしまった…

 

体重が増えてしまった…

 

などのお身体の事でお悩み中の方におススメのキャンペーンです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約やご質問の際は

 

 

お電話やお問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせくださいね!!

 

 

 

 

ご連絡お待ちしております!!

 

 

 

 

 


~カラダ Rebirth スタジオ~

ARC Labo 岡山店

〒 700-0971 岡山県岡山市北区野田2-1-5ハーモニーパーク2階

TEL:086-244-8787 FAX:086-244-3987

営業時間:9時30分~21時30分  (土日祝)9時30分~18時

定休日:日曜不定休


パーソナル/グループレッスン/整体 /ピラティス/

ピラティスマシン/TRX/鍼施術 / 美容鍼 /

姿勢改善 / 腰痛・肩こり改善 /痩身

スポーツパフォーマンス向上 /ダイエット /

ボディメイク /メディカルセル/セルライト分解/